三井住友銀行カードローンの審査申し込みをする前に、基本となる条件を確認しましょう。

毎月の返済ができるか

借りた後には返済をしなければならないカードローンは、毎月の返済金額はしっかりと確認をしなければなりません。いくら借りたらいくらずつの返済となるのかをよく見ておき、自身の収入や支出から考えて問題がないかの判断が必要となります。

頑張れば何とか返済ができるといったようなギリギリの状況は避けるべきで、余裕がある返済ができるかどうかで借り入れを決めるべきです。ギリギリの返済としてしまうと想定外の急な出費があった際に返済ができなくなってしまい、期日からの遅れや不足入金による信用の低下を招きます。

返済に関するトラブルがあると今後の利用に大きく影響をする可能性があり、限度額の減額や追加での借り入れの停止、或いは他社のローンでの審査にも悪影響を与えます。そうならないためにも、毎月の返済は余裕を持っておくと良いのです。

借り入れ残高と返済金額

多くのカードローンでは、毎月の返済金額が借り入れ残高によって決まるようになっています。大きな金額を借りれば毎月の返済額も多くなり、少額の利用に留めれば少しずつの返済が進められます。

限度額によって決まるわけではないため、例えば限度額が100万円あるとしても、必要な金額が10万円なら10万円だけ借りた方が良いです。借りられるからと20万円や30万円を借りてしまうと、翌月以降の返済金額が大きくなります。

「使わなければそのまま返せば良い」と考える方もいますが、借りたお金は手元にあると無駄遣いに繋がりやすく、そのまま返済ができるとは限りません。余計な借金が増えるだけとなりますので、借りる際には必要最低限に留めるようにしましょう。

金利と返済金額の関係

一般的に金利が低い借り入れは、毎月の返済負担も軽いと考えられています。金利が抑えられれば発生する利息も少なくなるため、考え方としては間違っていません。しかし、これが返済金額となると、話は別です。

カードローンの返済額は金利によって決められているわけではなく、借り入れ先でそれぞれ定められています。いくらの借り入れならいくらの返済かが決まっており、必ずしも金利が低いからといって返済額が小さい、少ないとは限らないのです。

逆に、金利が決して低くはない消費者金融のプロミスは、毎月の返済額が少なく済むことでも有名です。その分、完済まで最少額で払い続けると利息総額が膨れ上がりますが、金利を重視するか毎月の返済額を重視するかで、カードローンの選び方も変わります。

金利は単純に数字で比較をすれば良いので、誰でも分かりやすいです。しかし、金利だけでなくその先にある毎月の返済額もしっかりと見ておくことで、より自身に合ったカードローンが使えるようになるのです。

トップへ戻る