三井住友銀行カードローンの審査申し込みをする前に、基本となる条件を確認しましょう。

借りた日数分のみの利息

カードローンの返済時に発生する利息は、年利や年率による金利から借りた日数分の日割り計算となっています。長い期間を借りれば利息の負担も増えてしまい、逆に短い期間で完済ができるようであれば、返済時の利息負担は軽くなります。

分割で毎月少しずつ支払う場合には難しいですが、給料日前などに少額を借り入れ、一括で返すようなカードローンの使い方をするのであれば、借りる日数はなるべく短くした方が良いです。

ギリギリまで借りるのを待ち、いよいよ手持ちのお金がピンチとなってから借りるようにすれば、返済時の利息は減ります。契約をしていれば限度額内で繰り返しいつでも借りられるカードローンの場合には、特にそこまで必要でなくても借りてしまう方もいますが、余計な借り入れは利息を増やしてしまうだけなのです。

利息の計算の仕方

カードローン返済時の利息の計算は、少しながら面倒です。契約上の金利は「年」となっているために借りた日数分として計算をしなければならないため、「借り入れ金額×金利÷365×日数」の計算式に当てはめて利息を算出しています。

365の部分はうるう年には366として計算をする場合もありますが、基本的にどのカードローンでも上記の計算式で利息を出しています。計算の仕方さえ知ってしまえば特に難しい内容ではないため、カードローンを利用する際には最低限、利息の算出方法は知っておくべきでしょう。

利息の計算の仕方が分かっていれば、返済時にどのようにすれば利息を抑えられるか、利息負担の少ない借り方、返し方はどのようなものなのかが考えられるようになります。

計画的な利用のために

借りるだけで終わりではないカードローンは、しっかりと返済をしなければなりません。借りたお金の返済だけでも毎月の負担となりますが、さらに利息の支払いも行う必要があるために返済は想像以上に苦しくなる場合があります。

何も考えずに借りてしまうと払っても払っても元金が減っていかず、気が付けば利息だけで大きな金額を払っていたといった状況にも陥りかねません。利息の支払いは利用者側からすれば無駄な出費でしかないので、なるべくなら利息は減らせるようにすると良いでしょう。

計画的に正しくカードローンを利用するためにも、借り方や使い方だけでなく、返済で重要となる利息の計算方法についても、しっかりと理解をしておかなければならないのです。

トップへ戻る