三井住友銀行カードローンの審査申し込みをする前に、基本となる条件を確認しましょう。

主婦でもカードローンは使える

カードローンは正社員や公務員などの方だけでなく、主婦の方でも利用ができるようになっています。消費者金融でも銀行でも、主婦でも借りられるカードローンであれば申し込みをし、審査の結果次第で借り入れが可能です。

ただ、主婦の方が申し込みをする際には注意をしておきたい点があります。主婦は主婦でもパートなどで収入を得ている方と、自身では収入を得ておらず、配偶者の安定収入が主となる専業主婦では大きく異なるためです。

「主婦」として一括りにしてしまうと同じですが、カードローンの審査においてはパート主婦と専業主婦では大きく異なりますので、しっかりと確認をしてからカードローンを選ぶようにしてください。

消費者金融と貸金業法

カードローンやキャッシングと聞くとまず思い浮かぶのは、消費者金融です。一昔前に比べるとイメージも向上したおかげか、近年では女性の利用者も増えています。女性専用のサービスを設けている消費者金融もあるため、主婦の利用者も多いとされています。

ただ、消費者金融の利用は専業主婦では難しいです。貸金業者にあたる消費者金融は、貸付に関して厳しい規制を定めている貸金業法の下での業務、営業となり、年収の3分の1以上の借り入れを原則不可とする総量規制の影響を受けます。

自身では収入を持たない専業主婦では年収が0円となってしまうため、借りられる金額も0円です。例外として配偶者の収入と合わせられる「配偶者貸付」の制度もありますが、実際に利用ができる大手の消費者金融は、現在では見当たりません。

銀行なら幅広く使える

消費者金融の利用ができない専業主婦の方は、銀行のカードローンであれば借りられる可能性があります。銀行は貸金業法の総量規制の対象外となるため、専業主婦の利用を認めている銀行であれば申し込みをし、審査の結果によっては借りられるのです。

また、パート主婦の方は上に挙げた消費者金融も、または銀行のカードローンもどちらも利用ができます。自信で収入を持っていれば総量規制の範囲内なら消費者金融での借り入れも可能で、収入の制限を設けているわけでなければ、銀行のカードローンも申し込めます。

主婦は主婦でも専業主婦の場合には、カードローンの選択肢は狭く限られてしまいます。しかし、絶対に借りられないわけではなく、専業主婦でも借りられるカードローンはあります。専業主婦だからと諦めてしまうのではなく、対応する借りられる銀行のカードローンを利用し、お金のピンチを乗り切るようにしましょう。

トップへ戻る