三井住友銀行カードローンの審査申し込みをする前に、基本となる条件を確認しましょう。

他社の借り入れ金額や件数

カードローンの審査では、他社の借り入れの状況が重要といわれています。借り入れの総額や件数など、審査に影響を及ぼすとされる部分は多くありますが、実際にどの程度の金額で何件までであれば問題ないのかといった明確な基準は不明です。

各カードローンサービスとも審査の基準は明確にしていないので、いくらまで何件まで借りていても借りられるのかといったことは分かりません。ただ、消費者金融から借りる場合には総量規制の関係上、年収の3分の1以上の借り入れとなっていると利用ができません。

総量規制で定めている基準の他には線引きは無く、あくまで各社各サービスの審査基準によって決められています。単純に多くなければ良いのは言うまでもありませんが、いくつか注意をして起きたい部分があるので申し込み前に確認をしておきましょう。

既に複数から借りている場合

借り入れが一つではなく、既に複数となっている場合には件数を問わずに注意が必要です。特に審査基準が厳しくなる銀行のカードローンの場合には、いくつか借りている状況の方では審査通過が難しくなります。

消費者金融なら総量規制の範囲内で借りられる可能性はありますが、銀行の場合には難しいです。銀行はたしかに総量規制の対象外となるために年収の3分の1以上の借り入れができるようにはなっていますが、だからと言って多くの借り入れを抱えている方に簡単に貸し付けるわけではありません。

ある程度の収入があり、返済ができると判断される方に対しては大きな金額を貸す可能性があるだけなので、銀行だから多くを借りていても借りられると考えるのは間違っています。

おまとめローンの検討も

いくつか借りている状況では返済も進みづらく、毎月の利息負担も大きくなってしまいます。なるべく早めに借金を減らすことが重要となるので、余計な借り入れを増やしてしまうのではなく、借り入れをまとめて返済を楽にするおまとめローンの利用を考えてみましょう。

細かく複数から借りていると、それぞれで金利が高くなります。しかし、総額では大きな金額となる借り入れを一本化できれば、金利の低下や毎月の返済金額の縮小が期待できます。

今までよりも余裕のある返済で早めの完済ができるようになる場合もありますので、いくつか借りてしまっている方は無闇に件数を増やして更に状況を悪化させるのではなく、おまとめローンによる賢い返済を進めてみると良いでしょう。

トップへ戻る